このサイトについて

このサイトについて

このサイトは、管理人が実際に発芽玄米を作って炊いて食べている事実と、
発芽玄米について調べた情報をまとめたサイトです。

 

 

免責事項

 

当サイトに掲載されている情報は、
個人的に調べたことや、商品等を実際に使用した感想であり、
その内容の正確性や安全性を保証するものではありません。

 

記事で紹介している情報で被ったいかなる損害に関しても、
当サイトでは一切の責任を負いかねます。

 

また、当サイトのリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、
移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。

発芽玄米への道

発芽玄米を作るぞ!と
初回はクックバッドをみて、「なーんだ簡単だわ」
水につければいいのね、と11月で気温が15度くらいのときにはじめました。

 

結果は4日かかって発芽しました。

 

雑菌の繁殖を防ぐために1日2回の水換えをしました。
朝と夜なら確実に出来るということもありますが。

 

 

そして、次にもっと早く発芽させたいと考えてみました。

 

種が発芽するには、水につけっぱなしじゃダメだよね、
酸素が必要じゃない???

 

さらに、いろんなサイトを調べていきました。

 

しっかり浸水させてから、水を切っておけばいいんだ。

 

ということで、

 

24時間、浸水。

 

その後、玄米をバッドに広げてみました。
乾かないように、濡れたキッチンペーパーをかけ、
その上にサランラップをおきました。
結局、3日かかり、トータル4日で同じ結果に。

 

種が発芽するには温度も関係してますよね。

 

そして今度は同じ手法で
1日2回の雑菌繁殖を防ぐ為の水洗いを
水ではなく、ぬるま湯にしてみました。

 

もちろん最初の浸水時もぬるま湯で洗い、そのままぬるま湯に浸けました。

 

すると24時間浸水後、2日で発芽しました。

 

 

うーん、バッドに広げて、ざるに移し変えて洗っての繰り返しは面倒だなー

 

 

ということで、玄米をザルに入れて洗い、そのまま浸水24時間。

 

同ザルのまま1日2回の雑菌繁殖を防ぐ為にぬるま湯洗い。
水を切ってボールにおき、表面が乾かないように、濡れキッチンペーパー。

 

あれ?1日半、36時間で発芽しました!

 

ザルの中の玄米を触るとすこし暖かい。発芽するときに熱が発生するのかな。
バッドに広げてると冷たかったものね。

 

 

なるほど。
さらに、24時間水に浸す必要があるの?
飽和状態ってあるよね、と調べてみました。

 

玄米は130パーセント・・・ん?

 

ということで、計ってみました。

 

6時間、8時間、12時間、24時間

 

あ、12時間でいいようです。

 

と、今の発芽玄米の作り方にたどりつきました。

 

 

家族の中で発芽玄米を食べているのは
私ひとりなので、毎日炊かないので、
今のペースでも困っていませんが、
毎日炊くのなら、別の方法を考えるかもしれませんね。